debian Zabbix のインストール

LAMP環境を用意する

・この辺を参考にする
http://www.zabbix.jp/modules/bwiki/

http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/zabbix02/zabbix02d.html

・インストール

# apt-get install zabbix-server-mysql zabbix-frontend-php zabbix-agent

MySQL の設定
以下を追加

# vi /etc/my.cnf
[mysqld]
default-character-set=utf8
skip-character-set-client-handshake

・データベースの作成(DB名:zabbix)

# mysqladmin create zabbix --default-character-set=utf8

・データベースユーザの作成(ユーザ名:zabbix パスワード:zabbix)

# mysql -uroot
mysql> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'zabbix';
mysql> flush privileges;

・zabbix の初期データをインポート

# mysql -uroot zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-1.6.6/schema/mysql.sql
# mysql -uroot zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-1.6.6/data/data.sql
# mysql -uroot zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-1.6.6/data/images_mysql.sql

・初期設定
Webインターフェースから zabbix server を初期設定する

Apacheの起動

# /etc/init.d/apache2 start

※設定ファイルの削除(インストーラ起動のため)

# rm /etc/zabbix/zabbix.conf.php

※フロントエンドにアクセス

http://[IPアドレス]/zabbix/

デフォルトのID:パスワードは admin:zabbix

指示に従い初期設定する。基本的に全てOKになれば良い。

・ZABBIXサーバの iptables の設定(使っている場合)

 -A INPUT -p tcp --sport 10050 -j ACCEPT
 -A OUTPUT -p tcp --sport 10051 -j ACCEPT

※10050 は agent のポート。
※10051 は server のポート。

・Zabbixサーバの起動

# service zabbix-server start

・Zabbixエージェントの設定

# vi /etc/zabbix/zabbix_agent.conf
Server=[ZabbixサーバのIPアドレス]

# vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
Server=[ZabbixサーバのIPアドレス]

・ZABBIXエージェントの iptables の設定(使っている場合)

-A INPUT -p tcp --dport 10050 -j ACCEPT
-A OUTPUT -p tcp --dport 10051 -j ACCEPT

※10050 は agent のポート。
※10051 は server のポート。

・ZABBIXエージェントの起動

# /etc/init.d/zabbix-agent start

【ハマるところ】
・Zabbix agent の状態が有効にならない

以下の設定を確認する
(server) # vi zabbix-server.conf
ListenIP - 受信を許可しているクライアントのIPアドレス
ListenPort - サーバ側のポート番号

(client) # vi zabbix-agentd.conf
ListenIP - zabbix-agentが使用するIPアドレス
ListenPort - zabbix-agentが使用するポート番号
Server - サーバ側のIPアドレス
ServerPort - サーバ側のポート番号