パーティションの作成とフォーマット

パーティションの作成(fdisk)

# fdisk /dev/sdb

※パーティションを確認する
Command (m for help): p

※パーティションを切る
Command (m for help): n
Partition number (1-4): 1
First cylinder (1-30401, default 1): 
Last cylinder (1-30401, default 30401): 

※設定可能なパーティションタイプを表示する
Command (m for help): l

※パーティションタイプを変更する
Command (m for help): t
Selected partition 1
Hex code (type L to list codes): 

※パーティションテーブルの書き込み
Command (m for help): w

パーティションの作成(parted)

# parted /dev/sdc

※状態確認
(parted) print 
Model: ATA WDC WD30EFRX-68A (scsi)
Disk /dev/sdc: 3001GB
Sector size (logical/physical): 512B/4096B

※ラベルの作成
(parted) mklabel gpt                                                      
Warning: The existing disk label on /dev/sdc will be destroyed and all data on this disk will be
lost. Do you want to continue?
Yes/No? yes 

※パーティションの作成
(parted) mkpart
Partition name?  []? primary                                              
File system type?  [ext2]? ext4
Start? 0%
End? 100%

(parted) quit

・フォーマット

# mkfs -t ext4 /dev/sdc1

Linux 起動時のfsckタイミングの変更

http://d.hatena.ne.jp/kt_hiro/20130113/1358064720