CentOS7 KVM 最新のQEMUとlibvirtをインストールする

どちらも yum でインストールできるが、
2017/6時点で古いバージョンがインストールされる。
最新のものを使いたい場合は手動でインストールする。

・インストール済みの QEMUlibvirt のアンインストール

# yum -y remove qemu-kvm libvirt virt-manager

QEMU のインストール

# yum -y groupinstall 'Development tools'
# yum -y install zlib zlib-devel glib2 glib2-devel ncurses-devel SDL-devel

# cd /usr/local/src/
# wget http://download.qemu-project.org/qemu-2.9.0.tar.xz
# xz -dv qemu-2.9.0.tar.xz 
# tar xvf qemu-2.9.0.tar
# cd qemu-2.9.0/
# ./configure
# make
# make install

libvirt のインストール

# yum install -y libnl-devel libxml2-devel yajl-devel device-mapper-devel libpciaccess-devel

# cd /usr/local/src/
# wget http://libvirt.org/sources/libvirt-3.4.0.tar.xz
# xz -dv libvirt-3.4.0.tar.xz 
# tar xvf libvirt-3.4.0.tar
# cd libvirt-3.4.0/
# ./configure
# make
# make install

# systemctl enable libvirtd
# systemctl start libvirtd

virt-install のインストール

# yum install -y virt-install

virt-install は /var/run/libvirt/libvirt-sock 経由で libvirt に接続するが、
libvirt を手動インストールした場合、socket は /usr/local/var/libvirt/libvirt-sock に作成されるため、
virt-install が参照できるようにシンボリックリンクを作成しておく

# ln -s /usr/local/var/run/libvirt/ /var/run/libvirt